Loading...

業務用エアコンの販売、設置、修理、クリーニング、アフターケアはシャインエアー

空調機修理について

業務用エアコンが故障したとき、修理と買い替えではどちらが得なのか?

業務用エアコンが故障したとき、修理と買い替えではどちらが得なのか?

オフィスの冷房や暖房が突然効かなくなってしまったり、水がポタポタと漏れてきたりといったトラブルを経験された方も多いでしょう。
このようなときにエアコンを修理するか、それとも買い替えた方が良いのかは非常に難しい問題です。
というのも、ある程度古くなったエアコンの場合は修理してもまた同じ箇所が故障するかもしれませんし、別の場所に新たな不具合が出てしまうことも考えられるからです。
最新のエアコンは電力消費量が少ないのでランニングコストを考えると買い替えた方がお得になるケースもあります。
ここでは業務用のエアコンが故障したときに修理をした方が良いのか、それとも買い替えた方が良いのかについての判断のポイントをご紹介します。

購入してから何年経過しているか

エアコンが故障してしまった場合、そのエアコンが購入からどのくらいの年月経過しているのかは買い替え判断の1つのポイントになります。

購入後1年未満

業務用エアコンでは特別な長期保証に加入していなければ通常の保証期間は1年のケースがほとんどでしょう。
ですから購入後1年以内であれば保証が適されて無料で修理を受けることができます。
また、購入後1年程度であれば最新機種との性能差も少ないのでわざわざ買い替えるメリットはなく、修理で済ませるのがオススメです。

購入後7年未満

一般的にエアコンの寿命が10年と言われる現在、7年ほどで新しいエアコンへ買い替えるのはもったいないと感じる方も多いかもしれません。
購入時に7年や10年といった長期保証を付けているケースもあるでしょうから、そのような場合は可能な限り修理で済ませた方がお得です。
一方ですでに保証期間が過ぎてしまっている場合、まずは修理費用がどのくらいになるのか業者に見積もってもらいましょう。
見積もり代金と購入費用とを比較して購入代金の方が安いか、ほとんど変わらないならば新製品への買い替えがオススメです。

購入後9年以上

エアコンの買い替え時期として購入後9年は重要なタイミングと言えます。
というのも、ほとんどのエアコンメーカーでは交換用や補修用の部品の保有期間を生産終了後9年間と定めているからです。
もしも生産終了後9年を経過しているのであれば修理したくてもできないケースもありますので、必然的に買い替えが最善の選択ということになるでしょう。

購入後15年以上

エアコンは定期的にメンテナンスを行っていれば15年以上使い続けることができますが、やはり突発的な故障に見舞われる確率は高くなってしまいます。
購入してから15年以上経過したエアコンが故障した場合には、ほぼ無条件で買い替えた方がお得です。
15年前の製品と最新の製品を比較すると消費電力はおよそ半分になっていることに加え、経年による性能の劣化でその差はさらに大きくなっているからです。

どういった内容の故障なのか

エアコンの故障と一口に言っても、その箇所や規模はそれぞれです。
吹き出しルーバーの故障や温度センサの不良といった些細な部位の故障であれば簡単な作業や部品交換で直すことができるので安く修理することができます。
一方で複雑な作業が必要となる箇所では修理よりも買い替えの方がお得になるケースもあります。

室外機の異音や振動

室外機が異音を出すようになったり、ガタガタと振動したりするようになったときはコンプレッサーの異常を疑いましょう。
コンプレッサーは冷媒を圧縮して室内機と室外機の間を巡回させる、いわばエアコンの心臓です。
圧縮機の性能がエアコンの性能を決まると言っても過言ではありません。
コンプレッサーの経年劣化や故障による不具合の場合は修理を行うことで騒音や振動を大きく軽減することができます。
ただし、多くの場合は単純な部品交換でなく分解などが必要な重修理となるため、修理費が高額になります。
場合によっては買い替えた方がお得になることもあるでしょう。

冷却ガスの漏れ

エアコンは冷却ガスという特殊なガスを使って部屋を暖めたり冷やしたりしているので、この冷却ガスが漏れてしまうとまったく効かなくなってしまいます。
冷却ガス漏れが起こった場合はまずどの部分からガスが漏れているのかを確かめるために耐圧試験を行ってガス漏れの場所を特定することが必要です。
その後、特定した場所を溶接してガス漏れを止め、冷却ガスを再度注入するという作業を行います。
広いオフィスでは場所の特定に時間がかかりますし溶接工事も必要となるため修理費が高額になります。
結果的に修理するよりも買い替えた方がお得なケースも出てくるでしょう。

修理と購入それぞれのメリットとデメリットとは

エアコンの修理と買い替えにはどちらもメリット・デメリットがあり、一概にどちらが良いと言えるものではありません。
当社ではお客様のご要望を尊重した上で、よりメリットのある方をオススメしますので、ぜひ安心してご相談ください。

修理によるメリットとデメリット

メリット

軽微な問題であれば短時間で安く復旧することができるという点でしょう。
箇所によっては数千円で元通りになります。

デメリット

古い製品の場合は修理の途中で別の不具合が見つかったり、一旦直ってもすぐに別の箇所が壊れてしまったりする可能性が否定できません。
そうなると高額な費用が必要となり、買い替えた方がお得なケースも出てきます。
また、修理してもエコ性能がアップするわけではないので、新製品と比べるとランニング・コストは高いままです。

買い替えによるメリットとデメリット

メリット

一番のメリットはランニング・コストの軽減でしょう。
10年前のエアコンを最新のものに変えるだけで電気代が半額になることもあります。
最近の機種は空自機正常機能など付加価値を持った製品も多く、動作音も非常に小さいことから快適なオフィス環境を実現することができます。

デメリット

修理箇所や内容によっては購入代金の方が高額になるという点です。
また、交換工事のために営業ができなくなるケースもや営業時間を変更しなければならないケースもあります。
当社では代金の見積もりを無料で承っておりますので、ぜひお気軽にご利用ください。

ご相談はフリーダイヤルでも承ります
0120-151-669 受付時間 / 月〜金 9:00〜19:00